医学翻訳の仕事

医学翻訳の仕事

数が少ない医学翻訳の電子辞書

医学翻訳の仕事翻訳家のほとんどがフリーランスで働いています。
単価は医学翻訳や金融・産業技術翻訳など専門的になるほど高くなります。
翻訳連盟の目安では英文和訳で1語当たり30円~50円、和文英訳で35円~70円が相場と言われています。
単価が高いものは高い質が要求されます。
個人で翻訳の仕事をする場合、翻訳会社の試験を受けて合格し、その翻訳会社を通じて仕事を斡旋してもらう方法もあります。
直接仕事を受注するための営業が必要でない代わり、中間マージンがとられます。
マージンをかなり多くとるタイプの翻訳会社もあります。
フリーランスの翻訳者の年収の平均は約300万円前後です。
土日休んで、月収20万円程です。
男性が一家を養っていくには難しい収入で、翻訳者のほとんどが女性です。
医学翻訳のための電子辞書は多くありません。
10万~15万円する医学翻訳ソフトも売られています。
電子辞書を製造販売する大手の電機メーカーでは医学英英辞書や医学英和辞書など医学系コンテンツを盛り込んだ辞書を2種類販売しています。

医学翻訳におけるチェックについて

専門分野の翻訳の一つに医学書や医学に関する医学翻訳が有ります。
翻訳は、原文を他言語に訳す事を意味していますが、医学翻訳の場合は原文を理解できる能力を持つ翻訳者と言った条件があります。
翻訳会社に仕事の依頼を行うと、会社の中で翻訳作業が行われる場合と、外部スタッフによる翻訳業務が行われる場合の2種類が在り、専門分野の翻訳の多くは外部スタッフにより翻訳が行われ、原文と翻訳のチェックを翻訳会社のスタッフなどが行い、納品と言う形を取っている翻訳会社が多いのが特徴です。
原文と訳された文章のチェックを行う場合も、医学翻訳であれば医学に対する知識が必要と言う事になるため、専門的な知識を持つスタッフがいることで品質の高い翻訳が可能になります。
そのため、医学翻訳を依頼する事が出来る翻訳会社を探す場合は、医学に対するネイティブチェッカーが在籍している翻訳会社や医学文書に対する翻訳の実績を多数持つ専門の翻訳会社を選ぶ事が大切です。