医学翻訳の仕事

医学翻訳の仕事

難読な文献やカルテの医学翻訳

医学翻訳の仕事日常生活を送るうえで英語を流ちょうに話していたり、会社員が外国企業との取引や契約などビジネスで英語を自在に使いこなしている人は日本人にもたくさんいるのではないでしょうか。
英語を不自由なく使うことができても、専門分野の英語はまた別です。
たとえば医学翻訳。
医学の世界は専門用語も非常に多く、技術や治療法、薬品も日進月歩で進化しています。
医学論文など日本語の文献でさえも難読なものがほとんどです。
そんな難読な文献を英語から日本語に翻訳するためには英語の知識だけでなく医学の知識も相当必要になります。
したがって医学翻訳を行う人は医学的な知識もあるドクターが行うことが効率的ですが、医学専門の翻訳者であれば翻訳のコツを熟知しており、読みやすく理解しやすい翻訳ができるというメリットがあります。
両者の長所を生かし、たとえば医学専門の翻訳者にたたき台としてまず翻訳作業をしてもらい、その後ドクターに監修してもらうという手段もあります。

医学翻訳の特徴と専門用語

翻訳と言うのは、原文を他の言語に置き換えることで、原文の理解力と置き換え言語におけるスキルが必要になります。
例えば、日常会話のような文章を日本語から英語に翻訳する場合、日本人で有れば原文の理解は可能です。
しかし、医学翻訳の場合はどうでしょうか、日本語で医学の事が記載されていたとしても、一般の人は医学におけるスキルが有りませんので、例え英語のスキルを持つ人でも医学翻訳は難易度が高くなります。
また、医学の中には様々な専門用語があるため、専門用語をどのように訳せば良いのかと言うスキルも必要になります。
専門性が高い翻訳には必ず専門用語が出て来るため、医学翻訳の場合であれば医学のスキルを持つ翻訳者で無ければ訳文を書き上げることは出来ません。
尚、専門用語の中には略語となっているケースも在り、言語により略語をどのように訳せば良いのかと言う問題も有ることからも、医学翻訳が可能になる条件は、医学の知識、スキル、そして言語に対するスキルを持つ翻訳者と言う事になります。